東京都昭島市にある動物病院 清水動物病院

お問い合わせ:042-544-3854

文字のサイズを変更できます

ホーム > お知らせ >  > 冬です。飲むお水の量が減っていませんか? その1膀胱炎

冬です。飲むお水の量が減っていませんか? その1膀胱炎

ついこの間まで暑い暑いと言ってたはずなのに、あたたかいものが恋しい季節になりました。
みなさま、動物さんたち、如何お過ごしでしょうか?

さて、今回は飲み水の量のお話です。

夏は動物達も水分を多めに取ります。
犬や猫は足の裏しか汗をかかないので、
  〇涼しい場所に行く
  〇水を飲んで体温を下げる 排尿して熱を逃がす
  〇呼吸数を増やして呼吸器からの蒸散で熱を逃がす
ことで体温を下げています。

涼しくなると体を冷やさなくてよくなるので飲む水の量が減ります。
シニアの子、関節痛持ちの子は飲みに行くのが億劫になるのもあるようです。

飲水が減っても去年と同じくらいは飲んでる、元気食欲も良好!なら心配ないでしょう。

飲む水の量が減ると心配なのは、
  〇尿石症の子
  〇腎不全の子
です。

尿石症とは、おしっこに結晶ができてしまう病気です。
お水を沢山飲んでいる時は、結晶が出来てもすぐに尿と共に排泄されてしまうので
大きな結晶になりにくいのです。

ところが飲水が減っておしっこの量や回数が減ると、結晶が膀胱の中で大きくなり、
膀胱炎や尿閉になってしまいます。

膀胱炎を起こすと、
  尿の回数が増える
  尿が赤くなる
  痛がりながら排尿する
などの症状が出ます。

尿閉とは尿道に結晶が詰まり、おしっこが全く出なくなることです。

おしっこの出方がいつもと違うな?と思われたらすぐご相談ください。
排尿後のペットシーツにザラザラしたものがついてたら尿結石かもしれません。
病院にお持ち下さい。


長くなってしまったので、腎不全については次に書きますね。