東京都昭島市にある動物病院 清水動物病院

お問い合わせ:042-544-3854

文字のサイズを変更できます

ホーム > お知らせ > 健康管理病気について > 熱中症

熱中症

7月後半に入り、夏本番です。
皆さま、動物さんたち、いかがお過ごしでしょうか。

話題にするのが少し遅くなってしまいました(・・;
今回は熱中症について書きます。

節電で冷房を控えて、人の熱中症が増えているそうですね。
動物の熱中症も出ています。

動物達は鼻先から尻尾まで毛におおわれているので、熱さには弱いです。
真夏にセーターを着ることを想像してください。

足の裏からしか汗をかけないので、体温を下げるのも苦手です。

お留守番のときは冷房を切ってしまうおうちもあるそうですが、
風が通るようにする、冷房を入れるなど、対策をしてあげてください。
目安は飼い主さんがしのげる程度には御願いします。


冷房が嫌いで、クーラーを入れると部屋から出て行ってしまう子もいます。
家のどこかはクーラーを効かせてドアを開けてておくか、
窓を開けておき、家に熱がこもらないようにしましょう。


熱中症は恐いです。
元気だった子が数時間で命を失ってしまいます。

もし熱中症になってしまったら、

水が飲めるなら少しずつ与えて下さい。
ぐったりしていたら、まずは濡れタオルでくるみ、部屋を涼しくして体温を下げて下さい。

元気が戻らない、症状が重いなら病院へ連れて行ってください。

元気に無事に夏を過ごせますように。